読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンばばんのブログ

舞台の観劇作品に対して感想を。

「LOVER~想い続けたキミへの贈り物~」@富士見会館401号室

今日は学習院大学演劇部少年イサム堂 2016年度卒業公演「LOVER~想い続けたキミへの贈り物~」を観に行ってきました。

大学の演劇部の公演を観るのは初めてで、どんなものなのか何も分からないまま会場へ。自由席だったから開場前に着くように家を出たら、なんと一番乗り。完全に早く着きすぎました…

 

今日観たのはTEAM NACSさんの作品らしく、脚本は森崎さんが書かれているそうで。

 

どこにでもあるラブストーリー。

主人公である「大林」と「めぐ」を中心に、様々な恋愛を織り交ぜながら話は進む。

そしてその矢印は迷走し、ときめきマン達にサポートされながら、色とりどりの"ときめき"へと形を変えていく。

果たして恋愛の終着点はどこなのかー。

 

というのがあらすじ。

 

余談だけど、開場中にdoaの英雄が流れてテンション上がりました😅

 

ここから感想をつらつらと。

 

セットはいたってシンプル。白とグレーで統一され、特に目立ったものも置いてない。場面ごとに場所がコロコロ変わっても、違和感は全くなかった。

ストーリー展開は、思い返すとあまり捻りがなかったかもしれない。普段観劇する劇団がSFチックだったりファンタジーだったりするからかなぁ…でも今回の作品は逆に、展開が思わぬ方向に転がらないことが個人的に新鮮で、且つ良かったと思う。なぜなら"どこにでもあるラブストーリー"だから。現実の域を超えない範囲で(登場人物の1人、石川香子はさておき…)話が展開していく方が、共感しやすかったりする。ドラマに近いエンディングでベタだなと感じなくはないけども…

 

今日の舞台で受け取ったメッセージは、

・気持ちは言葉にして伝えないと相手には伝わらない。言うべき時を逃すと一生後悔する。

・誰もが"ときめき"を求めてる。恋愛は複雑で辛いこと、挫折することの方が多いかもしれないけど、みな"ときめき"を求めてまた前を向く。

 

てな感じです。

 

また、個人的に注目してたのが、「ときめきマン」。

舞台では、よく天使のような、自分だけに見える何かが登場することがよくある。今回の舞台では、「ときめきマン」という"ときめき"を与える者が登場する。男性5人にそれぞれ1人ずつつく。もちろん、5組のカップルがメインになるけれど、その様子を陰で見守り、サポートする「ときめきマン」は、感情がリンクしてたり励ましてたり。視点をどこに向けるかによって感じ方も変わるし、色んな楽しみ方があった。

 

あと、石川香子さん(役名)、今思うと、途中から全然男性が演じてることに違和感なくて、途中から本当に女性の登場人物として認識してた自分がいる、、、

 

大学生の方々のお芝居は、クオリティが高くて、夢中でお芝居観てた。声が通ってて、耳にセリフがすぅーっと入ってくる。4月から大学生になるけども、まずこんなに洗練されたお芝居は自分には絶対できない…!って思いながら観てた。演出・脚色、裏方もぜんぶ大学生がやってることに驚きを隠せなかった…卒業公演ということは4年間の集大成で、凄い。語彙力が足りない。

 

TEAM NACSさんがLOVERを上演した時のお芝居、それとNACSさんの脚本に忠実に作り上げたのかそれともアレンジを加えてたのかが気になるけど、少なくとも、少年イサム堂さんの今回上演したLOVERは、すっごく面白かったです。